製品・工法 / PW工法塗膜性防汚処理剤

PW工法
塗膜性防汚処理剤について

塗膜性防汚処理剤の起源

何かを開発した際、完成したらそこで終わりではなく次に必要とされるものは何かと常に考え続けていました。浸透性吸水防止剤を発案した後、効果を最大限に維持し、かつトラブルなく持続させるためにと考え開発されたものがこの塗膜性防汚処理剤です。


施工可能な対象物&箇所

既存や新築問わず、石材であれば施工可能です。尚、石材の種類や状態によって施工の対応方針が変わります。施工箇所は基本的に内部外部どちらでも施工に関しての問題は有りません。


塗膜性防汚処理剤

塗膜性防汚処理剤は浸透性吸水防止剤を塗布した上に施工する方法が原則です。
浸透性吸水防止剤の上に塗布することで防汚剤が大きな役割を果たします。かつ、浸透性吸水防止剤だけでは補えない長期的な美観維持を行うことができ、汚れる度に何度も業者等によるメンテナンスを行うより大幅にコスト削減ができる大きなメリットがあります。
また、塗膜性防汚処理剤も石種や仕上・環境などによってコート剤の使い分けを行い更に素材の特徴を考察しコート剤の選定を行います。尚、カタログ表紙にもなっている東京国際フォーラムは塗膜性防止処理剤を塗布しており約24年間メンテナンスを行わなくても美観状態を維持しております。(以下写真参照)


塗膜性防汚処理剤に含まれる内容

各パーフェクトコート(材工一式)
※パーフェクトコートラインナップ
・PC-4:石材用半浸透性極薄塗膜汚れ防止剤(珪素樹脂系)
・PC-15AB:超耐候性塗膜性汚れ防止剤(高重合フッ素系)


適用工事種類

新築工事から改修工事、その他リニューアル工事等の大小様々な工事内容でも対応させて頂きます。(法人・個人は問いません)


施工単価・見積り依頼

単価の算出単位は全て㎡とさせて頂いております。
詳しい施工価に関しては直接メールフォームか、お電話にてお問い合わせ下さい。見積もり依頼の手順は先ずメールフォームか、お電話にて「物件名:見積もり依頼」の標題で数量表と図面等出来るだけ詳細を頂き返答期日をご指定下さい。後程、担当の者からご返答させて頂きます。


カタログ依頼

メールフォームか、下部記載電話番号からご連絡頂きカタログ請求を行って下さい。カタログはPDFデータか本紙を送付させて頂く形の2択が有ります。


弊社の塗膜性防汚処理剤は長期的で確実な効果をもたらします。1回分のコストは少々大きくても今後長く綺麗に建築物や石材を保ちたい場合には、知識と経験を経た社員たちが施工し皆様に強くお勧めできる自信のある商品となります。パーフェクトウォッシュ横浜本社にご足労頂ければ様々なサンプルを用意しております。お問い合わせお待ちしております、よろしくお願い申し上げます。

施工の流れ

施工前(浸透性吸水防止剤を塗布した後に塗膜性防汚処理剤を塗布します。) 

1.ローラーにて塗膜性防汚処理剤塗布

2.ウエスにて余分なコートの拭き取り

3.施工後